• メンバー会員専用ページ
  • ビジネスワールド
    • ビジネスワールド-トップ
    • 会社を変革する
    • コンサルタントになる
    • ベンチャー企業を始めよう
    • 社員を活性化する
    • ITリテラシー強化塾
    • FP
  • アクティブワールド
    • アクティブワールド-トップ
    • 写真表現をマスターしよう
    • 宮沢賢治の世界
    • 俳句の世界
    • コーラスを楽しむ
    • 海外ボランティアとなる
    • NPOで社会貢献
    • 海外ドライブ旅行
    • 田舎の自然を楽しむ会
  • ナレッジワールド
    • ナレッジワールド-トップ
    • セカンドライフセミナー
    • 株式投資研究会
    • 定年問題
  • リラックスワールド
    • リラックスワールド-トップ
    • ゴルフを楽しむ会
    • 焼酎研究会
    • 新橋を極める
HOME  >  ビジネスワールド  >  社員を活性化する

社員を活性化する

願望のイメージ

そこで、ご提案致します。
当コンテンツの活動−研修会に参加してみませんか?
会社の規模・業種に問わずに、「経験」をベースに議論し、知恵を交換して、共に問題解決に取り組んでみましょう。

研修会 イメージイラスト

当コンテンツの「社員を活性化する」とは、各々の組織・個人にマッチした有るべき姿を探り、やりがいを今以上に見つけ出し生き生き活躍することでより高い付加価値や役割を組織に提供できるようにすること、そして自己革新のチャレンジャーになれるよう支援することを目的としています。

チャレンジャー イメージイラスト

「自己革新のチャレンジャーとは」 従来、課題とは、組織や上司他から与えられたり、また目標達成する過程で目標から外れて生じた問題に対応するものが大部分でしょう。こうした目前の問題解決は、健康づくりに例えると対症療法型といえるでしょう。


これからの変革・競争の時代ではこれだけでは不充分です。 健康体を維持するためには平常時に人間ドック等で健診を行い予め問題を発見するでしょう。同様に、色々な基準を使って担当業務をチェックすることによって、現状を打破するためあるいは今以上にやりがいを見つけ出すために、自ら問題を見つけだし解決することが必要になってきます。その姿勢こそ「自己革新のチャレンジャー」といえます。

事例研究 イメージイラスト

問題発見、解決するためのノウハウは色々あります。今回は上記で掲げたような身近な悩み・願望をテーマとして、議論を通じて知恵の交換を行うとともに、先進各社の事例研究などでノウハウの習得を試みるものです。

活動内容

「社員を活性化する」の平成20年度シリーズをご案内します。

皆様が今後とも公私に活躍いただくために有益で、かつ、討議に魅力あり、他のセミナーであまり開催されていない内容にリニューワルしました。 是非ご参加賜り、実力を更に高めていただくのにお役立てください。

本年度の特徴は次のとおりです。

  • リーダーの基本スキルであるヒューマンスキル、テクニカルスキル、コンセプチュアルスキルの中から必須なスキルを摘出し具体的に習得したいテーマを立案し関係者各位へアンケートし討議希望の多かったテーマを厳選。その結果、従来のセミナーにない価値あるテーマの準備
  • 各テーマ毎に可能な限り最新の情報を準備
  • 参加者各位の意見交換を充実
  • テーマの具体的理解を深めるためロールプレイなど体験学習などを幅広く導入し、自ら体得する方向で
  • できるだけ多くの方に参加をいただくため参加費を従来より大幅に低減

平成30年 「社員を活性化する」 第52回セミナー
「役職定年にどう対応するか」

主題の件、次のとおり開催します。
今回のテーマは先般の「社員を活性化する」セミナーの受講者から特にリクエストのありました「役職定年にどう対応するか」です。

注:役職定年とは役職者が一定年齢に達したら管理職ポストをはずれ、専門職などに異動する制度。 人事の新陳代謝を促し、組織の活性化や若手の育成、モチベーションの向上を図るとともに、序列制度のもとでは人件費コストの増加を抑えるねらいもあります

週刊ダイヤモンド誌の最近号の調査(主要企業77社の実情)によると役職定年の実施状況は次のとおり。
・役職定年の導入企業は48%
・役職定年の基準年齢は55才が46% 57才以上54%
・役職定年時の賃金の変化→役職手当減額46% 別の賃金体系とし賃金減額41% 現状維持13%
・役職定年の処遇→役職を解き同等の専門職24%、グループ会社に出向、転籍21%、
・格下の専門職他7% 取引先等へ転籍他7%その他12%
・出向、転籍時の対応→紹介、斡旋は一切しない46% 必ず紹介するが1社の場合がある40%
・社員の一部のみ紹介する7%、 必ず復数の候補を紹介・斡旋する7%

これらの制度の導入は増え続ける若手社員の処遇等からどこの会社でも避けて通れない制度になりつつあります。
しかも、新たに働く場である出向、転籍時の対応は概ね紹介、斡旋はしないが46%です。
さらに定年が65才になりつつある現在、「役職定年から約10年をモチベーションを上げてどう対応するか」は緊急の課題です。

そこで、これらの現実を前に現在処方できる案を様々な角度から討議し求めていきたく。

セミナーの概要
1、各社の役職定年の導入状況
前記導入状況他、賃金水準、出向、転籍の状況他
2、 役職定年に際しモチベーションを上げるための取り組み
1)私の取組んできた内容
・自己の強みの棚卸
・業務マニュアル(標準化)等の作成、伝承
・後輩の人材育成マニュアルの作成、伝承
・他の本部や関連会社での経験、ノウハウ他の伝承
・異業種交流会の運営他
2)参加者の所属会社での取り組み、生き生き活躍の事例
3)参加者の智恵の交換による役職定年への取り組み意見交換&まとめ、発表

もちろん簡単に模範解答がでる保証はありませんが、一人で黙々と考えるより、参加各位の身近での参考事例や経験、抱負、想いなどを結集することでセミナー参加前よりより多くのヒントが得られると確信します

□受講対象者
企業他の経営者、管理者、中堅社員各位他で今後役職定年について意見交換したい方

□開催日時:2018年3月12日(月)18時30分〜21時

□場所
地下鉄 銀座線、半蔵門線 「青山1丁目」駅下車 5番出口から徒歩2分
「グローバルマネジメント研究所」2F会議室
地図はウェブサイト参照 http://www.globalmgtlab.com

□指導:E-OJISAN 長谷川 講師

□受講料:メンバー会員 2,500円、ビジター会員 3,000円
注:資料、及び軽食(寿司、ピザ)、飲み物を準備します。

□その他:セミナー終了後、その場で継続した懇親会を予定

□応募方法:下記 E-OJISAN お申し込みフォームよりお申し込み下さい。
※セミナー名は「役職定年にどう対応するか」とご記入ください。
申込: お申し込みフォーム

□参考:前回のセミナー「共感力を深める」の参加者意見抜粋(感想をいただいた順)

A氏→感想:・本日の研究会参加にお招きをいただき 心からお礼申し上げます。
共感を掘り下げると、かくも奥深いものなのだと改めて思いました。
・長谷川様の段取りの緻密さ、組みたての素晴らしさに参加されたOさんともども大感激の2時間半でした。
また、Tさんは、コーチA様での重鎮と伺いました。その風情がありましたね。
・長谷川様ならではのご講義そして教材をいただきお礼の申しようもございません。

B氏→昨日はお誘いいただきありがとうざいました。
ヾ響曄長谷川さんのネットワークを支える長谷川さんご自身のお人柄、改めて感じ取りました。
∈8紂峩Υ粁呂鮨爾瓩襦廚納茲蠑紊欧燭す猝棔
・うなずき、あいづち、繰り返し。それに、感じた本当のことを伝えることだとと思いました。

C氏→ヾ響曄知の友人や仲間もあり、新しい出会いもありで楽しい時間をすごすことができました。
長谷川ワールド全開も楽しく学ぶことができてよかったです。
先生が私たちのために話していただいている感じがよく伝わりありがたかったです
∈8紂峩Υ粁呂鮨爾瓩襦廚納茲蠑紊欧燭す猝棔
「メッセージ性を加える」「相手にとってメリットのある話にする」
「相手の本心を掘り下げる質問をする」です。
その他:私は共感力テストが低いので、気をつけるようにしております。(基本的にあまりほかの人に感情移入していない)
使われた資料のなかの7ページ目に自然への共感は生きる力を生むとありましたがYさんや私など写真が得意なメンバーで癒しセミナーしてみてもいいかもしれません。

D氏→ヾ響曄Ш鯑は大変ありがとうございました。長谷川さんの12年間に渡る活動の継続に,只々感銘を受けました。
マンネリ化することなく活発なセミナーが継続しているのは,講師の力の賜物だと思います。
私も,長谷川さんの情熱と自ら学習を継続する姿勢を見習いたいと感じました。
共感力を深める項目:日日の学びとして,「ポイントを絞って話す」ことを実践して行きます。
そして周囲の人からの信頼を得て,会社や社会に貢献する仕事をしたいと思います。

E氏→ヾ響曄Ш鯑は、貴重なセミナーありがとうございました。共感力を高めるコンテンツは、長谷川さんの長年の経験と日ごろの学習の成果が結集され、とても有意義なものだと思います。
セミナー中も、多くの方に振ってみたり、ワークもあり、体験学習型で、とてもいいと思います
しいて改善を申し上げれば、ダンス例を取り上げ説明した時のように全体を長谷川さんのジェスチャーや長谷川さん自身の言葉で表現されると、もっとよくなるのではないかと思いました。
共感力を深めるために掲げた項目
・お話しいただいたことを要約する。こういうことなんですね!の投げかけ
・相手の想いを判断せず、そのように感じられているんですね!のメッセージ
・相手に興味を持つこと、この人は何を大切にされているんだろう?

F氏→ヾ響曄АΕ▲侫拭爾凌事をしながらの歓談タイムは、「共感」に対する振り返りをすることができて、有意義な時間でした。
・1分間スピーチは、限られた時間の中で自分の伝えたい内容を、インパクトを持ちながら、理路整然とまとめるというの難しさを感じましたが、大変勉強になりました。日頃から、実践したいと思いました。
∈8綣茲蠑紊欧織董璽沺Аλ榲に相手が伝えたい内容(キーワード)を早く感じ取る
・傾聴する自分自身の集中力を常に高める難しさを感じましたが、大変勉強になりました。
日頃から、実践したいと思いました。

G氏→ ヾ響曄Ш鯑は、ありがとうございました。多くの受講生が、いらっしゃりびっくりしました。
そして、研究会以外の方も多く参加されており、いつもの研究会とはまた違った雰囲気で、良かったと思います。
修了後に皆でピザやお寿司をつまみに飲むことも大変良かったと思います。
∈8紊桓分で「共感力を深める」で取り上げた項目
・共感力を高める話し方
1. まず最初にテーマを3つ上げること
2. ゼェスチャーを付けて話す
3. 情景が浮かぶように話す
・共感を高める聴き方については
1. クライアントの悩みを一度まとめてから問い返す
2. 問題点と最終目標を確認
3. 相手との間を意識して質問する
4. リラックスして聴く
以上の気づきを頂きました。ありがとうございました

H氏→ヾ響
「共感」は、「同じ仲間」という感情を呼び起こし、仲間を助けようとか、仲間の為になろうという行動に繋がっていくのかと思いました。
また、たくさん入れていただいたコーチングのワークは皆さんの悩みを知ることができ(バーチャルにしても)
自分の想像の範囲を広げることができると感じました。 素晴らしい学びの場をありがとうございました。
∈8紊桓分で「共感力を深める」で取り上げた項目
・ニュートラルに相手の話を聴く
⇒どうしても自分の価値基準を当てはめて話を聴きがちなので注意して取り組んでいきたいと思います。

I氏→感想:
初参加でも長谷川様にフォローしていただいありがとうございました。
参加されている方々は、幅広い分野で御活躍をされていて、また、社長・部長という立場でありましたので大変恐縮しましたが、私に対して丁寧に接していただけましたので、皆様には大変感謝しております。
今回講習を受け、自分には話し方・聴く力・質問力は全くできてないことを、改めて痛感しましたが、反対に向上心が芽生えてきたように感じます。
取り上げた項目としましては、
 崛蠎蠅魍稜Г靴覆ら、ゆっくり話す」
相手に話す上で、どうしても早口になってしまいがちであり、相手に伝わっているか分からないまま、話を続けてしまうところが、自分にはあります。
◆屮縫紂璽肇薀襪蔑場で聴く」
相手を否定する前提で話を聴くと、どうしても自分の考えを押し付けてしまい、相手の本音を聞き出せないまま、信頼を得られないことになってしまいます。
この2点は特に心がけて共感力を深めでいくよう努力します。

J氏→ヾ響曄Ю菷未詫意義なセミナーにお誘いいただきありがとうございました。とても良い刺激になりました。
様々な方との話せる工夫もあり、とても有意義な時間を過ごせました。
∈8紊桓分で「共感力を深める」で取り上げた項目
話すときに気を付ける点ゞ饌療に感情をこめてポイントを決めるようにしようと取り上げました。

K氏→ヾ響曄Ш鯒参加させて頂いた「承認」のテーマのゼミ・ワークショップ同様に、今回の「共感」のテーマでもポイントや重要性について体感させて頂けました。
テーマがどれだけの効力があるのか、その効力を発揮させるまでに踏むべきステップのポイントについて参加者に体感、或いは、」体得させる点が、長谷川ゼミ・ワークショップの最大の有益性であると思います。
今回体感できたのは、共感を相互に得るステップとして「ペーシング」が非常に重要であることです。
ワークショップでクライアント役の方が自分の気持ちや考えを掴めなくて困っている状態の時に、コーチ役の方がクライアント役の「呼吸」に合わせて同じテンポでトツトツと質問し、クライアント役の方の思考が纏まって行くのをサポートする。何かキーワードらしきものが出てくると両者が、同じように探し物が見つかったことに喜ぶ表情を共有する。
クライアントは、もっと自分を話したくなる。共有できることが、クライアントとコーチを共感へと導く。
◆ゞΥ粁呂鮨爾瓩覦戮房茲蠢箸犹
[1](クライアントの使う語彙の中で)優しい言葉で質問する。
(2) ペーシング(と呼吸を合わせること)を心がける。

L氏→(1) 感想: 興味深いセミナー、ありがとうございました。 いつもの事ですが、人との出会い、会話、ロールプレー、長谷川さんの発表を楽しみました。 ジャンケンで勝ったのは、偶然ですね。
所で、このセミナーでは、過去いくつか宿題が出ていると思います。
各個人にとって大事なことは、宿題の内容を理解する事ではなく、日々の活動の中で「具体的行動に反映する事」と考えます。
そこで、次回のセミナーでは、「今までのセミナーで、実際に行動に移した事例」の発表。
それに、「行動に移すにはどんな考え、気持ち、心構えが必要か?」について、学習や意見交換をやってみたら、どうでしょう?
(2)共感力を深める: 下記の項目を設定しました。
話す:〇阿弔離櫂ぅ鵐函 ´◆.献Д好船磧
聴く:/瓦魎兇犬討ら、事実を聞く 呼吸、吐く息長く吸うは普通 間を取る
質問: ゞ気や雰囲気を変える ∩蠎蠅侶亳海鯤垢

M氏→ ヾ響曄Ю萋は素晴らしい本をありがとうございました。ジャンケンはたまたまです。
∋笋取り上げた点は、最初にポイントを3つに絞る事。もうひとつは早口にならないように意識してゆっくり話す事です。
今後取りあげて頂きたいテーマ:
50歳を過ぎたあたりのシニアが元気がない…。まだ会社人生が10年、定年が伸びれば15年以上残されているのにです。役職定年制度は多くの会社で導入されていると聞きます
給料のピークも過ぎて下降傾向…。ダイバーシティが大事だ能力主義だと言いながら役職に年齢制限を設けていることに矛盾も感じます。
そんな環境下でどのようにしてモチベーションを保つのか、或いは保つための人事的施策はないものか、これからの企業の大きな課題かと思います。もし、機会がございましたら取り上げて頂きたいテーマです。

N氏→ヾ響
数分刻みの短い時間で、ポイントを押さえ、テキパキと進めていくファシリテーションは、今まで体験したことがなかったので、たいへん刺激を受けました。
また、参加された方々の意識も高く、それぞれ素晴らしい経験を積まれており、企業研修で仕方なく参加する人たちとは違い、高い次元での問題意識と成長意欲を持たれている方々ばかりでしたので、本気で取り組むことができました。
∈8綣茲蠑紊欧森猝
「プロカウンセラーの共感の技術」から一部抜粋の頁から2つ選びました。
・相手をよく見る観察力
・受容と共感の後に変化促進
最近、私がコーチング業界全般に感じている傾向は、「傾聴」や「関係構築」が大切だと当たり前のように言われていながら、そこが充分に出来ていないのではないかということです。
「聴く力」のロールプレイをしているときも、すぐに「質問」に入ってしまい、ロールプレイの後のお互いのフィードバック・コメントも「もっと行動を促す質問をした方が良い」という主旨のメッセージが多いように思われました。
「聴く」ためのロールプレイなのだから、まだ「質問」に入らない方がよいと思うのですが、気づかせ、行動を促すことを重視するあまり、「傾聴」が手薄になる傾向は、克服しなければならない大切な課題だと思います。
そんな中で、今回のようなセッションに参加できたことは、たいへん貴重な経験でした。
どうもありがとうございました。

O氏→ヾ響
先日は貴重なセミナーを開催いただきありがとうございました。非常に有意義な時間を過ごせたと思っております。
今回のテーマは「共感力」ということで「話し方」「聴き方」「質問力」のそれぞれについて長谷川さんの実践内容や専門家の言葉を交えた内容は大変わかりやすかったと思います。
これらの内容に関する書籍も多々あり参考にしているつもりですが、なかなか実践となると思うようにならないというのが今回のエクササイズで実感した次第です。
共感力を深めるために取り上げた項目
「語彙力を付ける」⇒最近本を読む機会が減ったためか適切な言葉が思い浮かばなくなってきつつあるのでこれを取り上げました。

○メール以外の方は下記まで電話またはFAXでお申し込みください。
E-OJISAN事務局 企画運営責任者:長谷川 忠捷
TEL&FAX:048-975-4738

最近の参考図書を紹介します。
 長谷川 和廣著「2000社の赤字を黒字化した社長のノート」 かんき書房 2017,10、16刊 4刷 ¥1,404
 2000社を超える赤字会社を黒字化した著者が、50年間で書き続けたノートの数は283冊。
 その中から厳選された「プロの仕事術」を一挙公開!
 ◎なぜ、赤字に転落する会社が出るのか?
 ◎会社に求められる人材、捨てられる人材の違いとは? 等
 ビジネスを担当する者にとり身近に役立つ教訓をわかりやすく説いているので実務にも大いに役立つ。

○案内:EーOJISAN事務局

マイスター・マネジャーの経歴紹介

マネージャー:長谷川 忠捷(マイスターと兼任)

マイスター 長谷川 忠捷 顔写真

長谷川 忠捷 (はせがわ ただかつ)
大手総合重工業他で約40年にわたり人材育成業務を一貫して担当。新入社員教育から管理者教育までの階層別教育。職能別教育では問題解決能力の育成、創造性開発訓練、中高年の生きがい作り研修等。また貴重な海外勤務や外資系企業勤務の経験を生かし海外要員の育成等も担当。同社退社後、貴重な経験とノウハウの活用を目指して「教育訓練アドヴァイサー」として独立。厳しいが、感動のある、有意義な研修や出会いを目標にしています。 1939年 1月生

ページトップへ>>

『ビジネスワールド』に戻る>>

『HOME』に戻る>>